転職希望のみなさんこんにちは。転職に関して一番気になることはなんですか?給料?福利厚生?休みの多さ?でもそんなことより、まずは面接官の目に止まらなくては話になりません。採用されるには何を考えればよいのでしょうか。

転職について考える女性

ニートが教諭として採用されるには

長期間就労経験がないニートが就職出来る職種は非常に限られているといえます。年齢が上になればなるほど、企業は未経験者よりも経験者を優先して採用するようになるため、需要の高い資格や技術を新たに習得しない限りは高収入は望めません。心を入れ替えて真剣に就職活動を開始しても、長らく働いていないという事実によって被る不利益は大きく、採用を勝ち取ることは決して容易ではありません。ニートは普段屋内で過ごすことがほとんどで、社会との関係を必要最低限しか持たないため、体力やコミュニケーション能力が低下している場合が多く、いきなり就職して働くことは難しいといえます。年齢がある程度若いニートであるなら、教諭免許の取得を目指して数年間頑張ってみるのもひとつの手です。教諭になるには数年間大学に通うか、通信教育を受講しなければなりません。これまで社会と最低限のつながりしか持たなかったニートが、いきなり大勢の人がいる大学へ通学するのは大変ですが、数年間で失われた体力や生活リズムを整えるのには最適な場所だといえます。事情があって大学へ通うことが難しいという人は、通信教育を受講しながら運動を行い、生活全体を改善していくといいです。教員資格を取得したら、今度は教諭に採用されるための試験を受けなければなりません。採用されると「ニートだった自分に続けられるだろうか」と不安になるかもしれませんが、引け目を感じる必要は全くありません。ニートが社会人と比べて劣っている部分は体力とやる気と社会経験ですが、数年間頑張って免許を取得し、人並みの体力をつけているなら、体力面とメンタル面は社会人とほぼ同等になっているでしょう。社会経験はこれからいくらでも積めるものなので、恐れずに前を向いて進んでいきましょう。